昨日予告した通り、今日から4週にわたり、

おうち起業ママインタビュー特別編、「湘南を盛り上げる女性起業家特集」をお届け致します!


栄えある(?)第一弾は、ママそら-Mama Social Labs-の湘南支部代表で家庭教育アドバイザーでもある和田みゆきさんをご紹介します。

10387138_680298185382372_6209110574746139568_o

 

◆現在、どんなお仕事をされていますか?

 

家庭教育(いわゆる子育て)支援の仕事をしています。

家庭教育研究家として、家庭教育(子育て)相談やコンサルティング、講座企画運営、コラム執筆などを行いつつ、東京都江東区のFM局レインボータウンFMにて親育番組「おやトレラジオ」(毎月第二土曜)のパーソナリティも。

また、ご依頼を受け、いくつかの組織で家庭教育支援の仕事をしています。

 

そして、2015年からはママコミュニティ「ママそら湘南」の代表者になりました。

イベント開催やコラム執筆が主ですが、今後は企業とママのマッチング事業や地域の活性化に関わる事業、ママライフの紹介、湘南子育て事情発信などを行いたいと思っています。

dj

◆これまでどんなお講座を開かれてきましたか?

「親育トレーニング」という、子供の生まれ持った能力を開花する子育て法を中心にした“ポジ育・夢育・食育・環境育”の4つのプログラムに基づく親育てをお伝えする講座を開いています。

 

◆起業する前は何をしていましたか?

 

出産前までは、コンピュータ関連事業とイベント企画運営事業の会社を経営していました。

 

◆起業したきっかけは何でしょう?

 

妊娠がわかった時、「我が子に最高の環境を与えたい」と思い、胎児教育や家庭教育を学び始めました。

子育てにおいて環境がとても重要だということを知っていたからです。

 

そして、学びを深めるために大学にも入学しました。

卒業後、学んだことを周囲に実践し始めると、多くの親が子育ての知識がないまま子育てしていることに、何ら疑問を抱いていないことを知りました。

 

「子育て環境は、親がいくらでも工夫して作れるのに、もったいない」「そうだ、親が子育てを学べる場所を作ろう」と思ったのがきっかけです。

親が子育てを学んで行う社会にしたいと強く願うようになり、卒業生で業界団体(家庭教育支援協会)を設立したことを機に、本格的に家庭教育アドバイザーとして活動するようになりました。

koza

◆起業スタート時のお子さんの年齢は?

 

15歳です。

 

◆起業歴は何年くらいですか?

 

起業という形ではありませんが、3年やっています。

 

◆なぜ今のお仕事で起業しようと思ったのですか?

 

大きく分けて、理由は2つあります。

 

1つ目は、私が大学や独学で学び、研究を続ける家庭教育の知識(児童心理学や身体発達学や脳科学、学校教育など)は、より良い子育てをするために必要な知識であるにもかかわらず、学ぶ場がないことに気付いたからです。

 

2つ目は、子育ての仕事が大好きだということです。専業主婦生活を15年してきた私は、社会のために何ができるのだろうと考えた時、家庭を幸せにすることや子供の生まれ持った能力を開花し自律させ、幸せを感じてもらう生き方を伝える仕事に就きたいと思いました。

 

◆起業の良いところ、楽しいところはなんですか?

 

仕事が自分ペースでできるところが良いですね。

やりたくない仕事は受けなくていいし、時間も自分で調節できます。

つまり、子育てと両立しやすい

楽しいところは、子供の側にいながら仕事ができるところではないでしょうか。

 

◆逆に大変なことはなんですか?

 

仕事とプライベートが同一空間内で行われるので、時間配分と言いますか、家事と仕事の区切りを上手につけることが大変です。

 

また、子供に「仕事と自分のどっちが大事なの?」と泣かれたこともありました。

さすがにその時は、仕事の様子を見ながら、できるだけ子供を優先しました。

 

◆今のお仕事を通してお客様に一番伝えたいことは何でしょう?

 

ママの笑顔が子供を幸せにするということです。

 

ママが夢を持ち、ありのままの自分を認める意識を持つと、日常生活は、充実感や幸福感で満ち溢れます。

するとママは幸せですから、どんどん輝き始めるのです。

幸せそうなママを間近で見ている子供達は、親の背中を見て、目に見えない概念「生き方や在り方、倫理観や幸福感」などを学んでいくのです。

子供を幸せに育てるのではなくて、幸せを感じられる子供に育てていけたら素敵ではないでしょうか。

 

◆これからおうち起業したい方へのアドバイスをお願いします。

 

完璧を求めず、仕事と家事のバランスを見つけること

そして、自分にとって一番大切なことは何であるのか優先順位をつけること

それがうまくいく秘訣だと思います。

 

◆ママそら湘南とは?

 

ママそら湘南は、全国に広がるママコミュニティ「ママそら-Mama Social Labs-」の湘南支部です。

奥田絵美の『ソーシャルで日本全国のママを繋ぎ、ママとママを応援する人や企業も繋ぎたい』という思いから2012年に始まりました。

自分の輝き方をLab(研究)する場所で、ソーシャルメディアを通じて空の様に広く深く繋がりながら、 ママの安心感・笑顔・輝きを応援しています。

湘南支部では、「子育てを楽しめるまち・湘南」を発信し、茅ヶ崎エリアを中心に湘南全域でイベント開催や情報発信をしています。

◆ママそら湘南の活動を通して伝えたいことは何でしょう?

 

「ママ自身がありのままの自分を認め、完璧を目指さず、子育てを楽しん欲しい」ということと、「いつも空は繋がっています。あなたはひとりじゃありません」ということをお伝えしたいです。

 

◆湘南、全国のママに一言。

 

私達ママそら湘南は、ママの笑顔を応援しています!

 

すでにじゅうぶん充実した幸せな毎日を過ごされていることと思いますが、私達ママそら湘南は、子育ての情報交換をするだけでなく、一人の女性としての皆様の潜在能力を発掘し、発揮していただく場所をご用意しています

 

そして、ご自身の強み発見やスキルアップ、新しいご縁を繋ぐなど、自分一人ではなかなかできないことも、仲間と繋がることで「私はできる!」を感じてほしいのです。

 

ママそら湘南では、安心して始められるSNS講座(ブログ、Facebbok、ツイッターなど)を行っています。

 

お住まいの地域に、親族やママ友がいないというママ。

一人子育てをせずに、ママそら湘南が得意とするインターネットを通じたコミュニケーションや情報収集をしてみませんか?

 

ママそら湘南は、地域のママとイベントなどを通じてリアルに繋がるだけでなく、全国のママとSNSを介してのお付き合いができます。

例えば、フェイスブックのママそら湘南グループの中で、ママ同士が交流して新しいお友達を作っています。

それにもし、引越しなどで仲良しママと離れてしまっても、インターネットでつながることで、ママ友との交流を保つこともできるのです。

 

これからも皆様の子育てと皆様自身が輝くお手伝いをしていきます♡

 

——————————————

 

おうち起業の枠を超えて、たくさんの事業をされてきている和田みゆきさん。

 

お忙しい中、インタビューに答えていただき、本当にありがとうございました!

 

みゆきさんに会えるママそら湘南のイベントがあります♪ご興味のある方はぜひ^^。

 

【4/16(木)湘南ママ新たな出会い 春のランチ会開催】@ママそら湘南

「家庭教育アドバイザー みゆきママの子育て開花プログラム」

http://ameblo.jp/miyuki-lifestyle/entry-11951811022.html

 

和田みゆきさんFB

https://www.facebook.com/miyuki.wada.sun

 

ママそら湘南http://mamasola.net/?cat=385

 

 

※今回のインタビュー&記事は、湘南在住のプロライター、森山まなみさんに執筆していただきました♪

森山さん、ご協力ありがとうございました!

ブログ:森山まなみON&OFF働くウーマン☆ブログ from 湘南・鎌倉♪